FC2ブログ

ご希望があったので♪ ~水餃子の作り方~

先日、餃子の記事を載せた際、レシピのご希望がありました。


とても暖かいコメントも頂きました♪


お礼と言ってはなんですが・・・


写真は、タブってしまいますが、分かる範囲で書きたいと思います♪


<<材料>>・・・変更があります(申し訳ありません。明日アップ予定です。)

強力粉・・・500グラム (薄力粉を使う場合、少し塩を入れる)

水・・・300cc

合挽き肉・・・300~400グラム

キャベツ・・・半分

ニラ・・・2束

醤油・・・多め

塩・・・少々

味塩コショウ・・・少々

ごま油・・・少したっぷり

酒・・・回しかける程度


2.jpg


いやいや、違うから。。。(´-ω-`;)ゞポリポリ


<<作り方>>


使った強力粉は、コレでした。


1.jpg


<餃子の皮>


強力粉500グラムと水300ccを一緒に入れて、箸で適当に混ぜます。


3.jpg


その後、手で粘りが出るまで、しっかり捏ねます。


4.jpg


ボールにラップなどで蓋をして、常温で1時間程放置します。


5.jpg


この丸い生地を縦、または横に4当分位に切って、細長く伸ばしたら、


包丁で、金太郎飴を切るみたいに切っていきます。


そして、手のひらで潰したのが、コレ。


6.jpg


この後、丸く麺棒で伸ばすのですが、写真がなくて、ごめんなさいm(__)m


ちなみに、麺棒は100均で売ってるらしい。


私は、昨日買って来ちゃいました(笑)


IMG_2580.jpg


一番、小さいサイズが作業しやすいかもです。


7.jpg


遠慮します!


<具材>


キャベツはフードプロセッサーで粉々にしました。


プロセッサーじゃなければ、出来るだけ細かく切ります。


ニラは5ミリ位に刻みます。


ちなみに、ニンニクも生姜も使いませんでしたが、これはお好みで(^_-)-☆


使わなくても、しっかりニラで餃子の味がしましたよ♪


ひき肉・キャベツ・ニラと、調味料を入れ、粘りが出るまで捏ねます。


8.jpg


味は、濃い目に付けてました。


熱湯で茹でるので、濃い目でも、ちょうど良い仕上がりになるみたいです。


包み方は、ちょっと文字では難しいのですが、お水は使いません。


生地の粘りで、くっ付きます。


そして、ぜ~ったい隙間を作らないで、しっかり包む事が重要だそうです。


生地は伸びても切れないので、伸ばしながら、くっ付けていきます。


9.jpg
(伸ばした皮や作った餃子は、粉を振ったトレーなどの上に置いておかないと、すぐくっ付いちゃいます)


最後に、鍋に熱湯を準備し、餃子がくっ付かないように、中に火が通る程度に茹でます。


多分、沸騰した状態で2~3分だと思います。


餃子が浮いてきたら、大丈夫かな。


何度かに分けて茹でる場合は、お湯を変えた方がいいです。


醤油とかごま油が、染み出すので、餃子に色がついちゃいます。


こんな感じで出来上がります。


10.jpg


もし、味が薄かったらポン酢で頂くのがお勧めですよ♪


参考になれば、いいのですが、


かな~り、美味しかったので、私は近日中に挑戦するつもりです(^_-)-☆


15.jpg


ないですよ♪


ちょっと、分かりにくいかもしれないですが、参考になれば嬉しいです+。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。+゚







≪前日の薬≫
・リフレックス2.5mg×2錠
・エビリファイ3mg×1錠
・パキシル10mg×2錠
・マイスリー5mg×2錠
・デパス0.5×4錠
・ロヒプノール1mg×2錠・・・増量
・セロクエル25mg×1錠・・・増量



にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
にほんブログ村


↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています♪
宜しければ、ポチッとお願い致しますm(__)m
↓ ↓ ↓


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

さんたパパ

Author:さんたパパ
ご訪問ありがとうございます。

リンク
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
     さんた    (2017.4.14虹の橋へ)
     ノエル    (2016.9.27虹の橋へ)
リアン
シエル
ぽんた
別邸のイチ
最新記事
カレンダー
01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR